2012年11月19日

書店界のゴッドファーザー「出版点数を減らせばいい。くだらない本が多すぎる」

 『文化通信』2012/11/19号の記事で、天狼院書店 の三浦崇典氏 の対談相手だった " 書店界のゴッドファーザー " っていったい誰なんだろう!?
─────────────────────────────────
この業界を救うための唯一の方法
新しい書店の形を考える⑤

─────────────────────────────────
 三浦氏は自身の天狼院書店の記事で、この人物が誰か特定できないよう気遣っていた。誰なのか気になるが、それはさておき、ゴッドファーザーの言いっぷりが何とも気持ちいいのでピックアップして紹介する。

三浦氏
「この業界を良くするにはどうすればいいでしょうか。」

"ゴッドファーザー" 曰く・・・
「出版点数を減らせばいい。くだらない本が多すぎる」

 いや-、よくぞ言ってくれました!

 記事で三浦氏は「(出版点数が多すぎることに)売る側も、作る側ももう気づいているはずだ」と言うが、私をはじめ読者だってとうの昔に気づいている・・・この出版業界の異常さにも。「くだらない」とまではなかなか言い切れないので、ゴッドファーザーが読者(私)の気持ちを代弁してくれたようでとても嬉しかった。

 10年ほど前、私がネット書店の立ち上げに携わった時に驚いたことは、出版社が自社の在庫を単品管理できていないこと。そして、ユーザーの注文(例えば「お取り寄せ」という注文)に対して、責任を持ってデリバリーするという感覚が麻痺して、一方的にキャンセルしても構わないという雰囲気があったことだ。

 書店が発注しても、満数納品されないのが当たり前の業界(当時)。私もこの感覚に慣れようと必死だった・・・でもやっぱりおかしい!日々葛藤であった。Amazonの上陸や電子書籍の普及は、出版業界にとっては良い刺激になり、昨今ではかなり改善してきたように思う。

 この記事では三浦氏もバッサリ!

三浦氏
「現状、二番煎じ三番煎じの本ばかり、同じ著者の同じような本ばかりが並んでいる」

「出版点数を減らすと、どういうことになるだろうか。書店の側から考えると、新刊入れ替え、および返品の業務が激減することとなり、書店の利益を圧縮する人件費を圧縮できる。また、ひとつひとつの本が棚に残る可能性が高くなり、重版率も高くなる。書店の方では雑務が減るので、積極的に仕掛ける時間ができるようになる。」

「出版社の営業も少ない点数を案内することができるようになるために、負担も少なくなる。もちろん、編集者は例えば年間10冊のノルマが5冊に減れば、1冊にかける時間が多くなり、本の完成度が高まる。このサイクルに持っていければ、重版率が上がり、返品率が下がる。」

 この記事についての詳しい紹介は こちら をご覧いただきたい。ゴッドファーザーについての情報について、現時点ではほとんど見つからなかったのだが、入手したら逐一紹介していこうと思う。

にほんブログ村 本ブログ ビジネス書へ ← めざせ1位!あなたの応援ポチッが励みになります

posted by 鳴海寿俊 at 00:00| Comment(0) | 応援したいキーパーソン | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください