2015年03月07日

CNETJapan特集 『林智彦の「電子書籍ビジネスの真相」』 に感動

 テクノロジー&ビジネス情報のメディアサイト 『CNET Japan』 の特集記事 『林智彦の「電子書籍ビジネスの真相」』 に感動した。きっかけは業界紙 『新文化』(2015/2/19号)の林氏の 「紙+電子で成長する『書籍』」 という記事だった。

⇒CNET Japan/林智彦の「電子書籍ビジネスの真相」最新記事(2015/03/06 08:30)
 「活字離れ」論に最終決着?--電子書籍を含めれば「不読率」は激減している
 
 『出版指標年報』(全国出版協会・出版科学研究所) や 『出版年鑑』(出版ニュース社)などの売上データが取次経由の売上をもとにしており、出版社による書店やアマゾンなどとの直接取引分が対象外となっていること、電子出版の統計がこれとは別に存在していることなどに触れ、紙と電子を含めた「(総合)出版物」における統計の必要性を訴えている点に共感した。

 出版科学研究所は1月26日、取次ルートにおける2014年の出版物推定販売金額が前年比4.5%減の1兆6065億円と発表した(参考web 『Shinbunka ONLINE』 )。1950年の調査開始以来、最大の落ち込みとなり、各種メディアが出版不況の深刻化を報じたようだが、林氏は冷静にこう述べている。

 出版界は、現時点の統計の前提条件を知り、それに振り回されないことが肝要だ。一方で、出版市場全体をさらによく把握できるように、紙と電子を合わせた統計のあるべき姿、業界全体で議論すべき時だろう。

* 『新文化』(2015/2/19号)「紙+電子で成長する『書籍』」記事より

 出版業界は自身の市場状況を把握しにくい構造だとすると、林氏の述べる通り、売上がどうこう言う前に統計の取り方を見直すというのは好アプローチかも知れない。そして CNET Japanの特集記事「「『出版不況』再び--本・雑誌が売れないのは“活字離れ”のせい?」(page 4) でこう述べている。

 コンテンツとしての「出版物」に対するニーズは、少なくとも「書籍」に関しては、いささかも衰えてはいないと考えられます。
 で、あれば、われわれの成すべきことは、根拠・定義不明な「出版不況」論や「活字離れ」論に溺れ、「電子出版」の欠点を論ったり、自らの無力を嘆いたりすることではありえないでしょう。
 これまでの出版の美点を伸ばし、欠点を減らすために、「電子出版」のポテンシャルをどう活かすのか。電子出版が「出版」の姿を変えつつあるプロセスに、どう貢献し、産業をどう拡大していくのか。
 そのような問いにコミットせず、ただただ昔話をするだけの「出版論」は、もう終わりにしてほしい。そう思うのは、私だけでしょうか?

* CNET Japan特集記事
 「『出版不況』再び--本・雑誌が売れないのは“活字離れ”のせい?(page 4)」 より

同感である (もう " 超 " が付くくらいだ)!

 CNET Japanの林氏の掲載コンテンツは次のとおり。説得力のあるデータをふまえながら、淡々と旧態依然とした出版業界を斬る提言は、良書に出会えないストレスを抱えた読者にとっては快感に違いない。久々に 「出版業界を変えてくれそうなキーパーソン」 に出会えた気がして嬉しい。

CNET Japan特集 : 林智彦の「電子書籍ビジネスの真相」

(記事一覧リンク)

にほんブログ村 本ブログ ビジネス書へ ← めざせ1位!あなたの応援ポチッが励みになります



posted by 鳴海寿俊 at 22:50| Comment(0) | ネット・電子書籍 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください