2015年05月10日

買おうとした本が電子化されていないことに気づいた時の残念感 【TVドラマ原作本の場合】

 先日たまたま見たTVドラマ 『恋愛時代』毎週木曜23:59~放送 読売テレビ・日本テレビ系) 。原作は 野沢尚氏 の同名著書。

恋愛時代〈上〉 (幻冬舎文庫) 恋愛時代〈下〉 (幻冬舎文庫)

 『深紅』 や 『魔笛』 などの犯罪小説で好きになった作家だが、ひょんなことで恋愛小説も書いていることを知り、手にした作品だった。

 久々に以前購入した同書を読もうと、本棚を探すも見当たらない。確か○○さんに貸したままだっけ・・・ と記憶を辿るも、何年も前に貸した本のことをたずねるのも億劫であきらめた。これだから本を(返してもらう前提で)貸すのは嫌なのだ。今後はあげる前提で貸そうと改めて思った。

 それでもやっぱりドラマを見るより、原作本の方を読みたいなと思い直した。kindle版が出ていたら買おう! と決めたのに・・・ 残念ながら紙の本しか出ていなかった。

「また1人の見込み客を失ったな(出版社は)」

そう思った。

 ドラマの視聴者の中には、次回の放映を待ちきれずに、今後の展開を知りたいという思う人も少なくないだろう。このシチュエーションで視聴者(読者)は、すでに衝動買いしようという気持ちになっている。ニーズは 「すぐに読みたい(今後の展開を知りたい)」 である。取るアクションとしては次のようなものが想定される。

 A) 書店に買いに行く(新品 or 中古)
 B) ネットで紙の本を買う(新品 or 中古)
 C) 電子版の本を買う
 D) 紙の本を借りる(知人にお願いする、図書館を利用する等)

⇒ 詳細:鳴海の関連記事
 本作りに携わる人たちに知って欲しい読者が支払う 【3重のコスト】 

 ドラマを見終わった直後にすぐに立ち上がって書店に買いに走る人は限られるだろうし(A)、借りる相手を探すのも面倒くさく、図書館に予約するといってもいつ借りられるか分からない(D)。となると(B)か(C)がお手軽。このシチュエーションは、「今後のストーリー展開を 【今すぐ知りたい】 」 という状況なので、紙か電子か? とか 新品か中古か? などにこだわる度合いは低いはず。だからおのずと(C)に収斂されるはずなのだが・・・

kindle版が出ていない!

となると、次点の(B)の行動を取るかどうか悩む。そして私の場合は、一度購入して一通り読んだこともある本だからこそ、【3重のコスト】 の発生に二の足を踏み、結局こうなってしまう。

kindle版で出ていないなら、買うのはやめよう・・・

 ちなみに私のとっての 【3重のコスト】 とは次のようなものだ。

 1.購入するための 【お金】 ← 電子版と紙の本のコスト差
 2.書棚を整理するための 【時間】
 3.処分することに対する心理的な 【痛み(抵抗感)】

 いずれも数多くの本を読む人ほど負担が大きくなる、無視できないコストである。ダメ押しで私なりにこんな整理をしてみたことがある。

(鳴海の関連記事)
買おうとした本が電子化されていないことに気づいた時の残念感をフローにしてみた【1】 
買おうとした本が電子化されていないことに気づいた時の残念感をフローにしてみた【2】 

 また次の記事によれば、嬉しいことに 「売れるタイトルこそ積極的に電子書籍化する時代」 に入りつつあるという。kindleユーザーとしては、売れる売れない関わらず、紙と電子は同時発売する前提で出版社に本づくりをして欲しいと思う。

(参考記事)
『徹底解説!電子書籍の読み方「イロハ」』 日経BP社 PC Online
(1)ベストセラーの電子書籍化率はどれほどか?(2014年9月16日)

(鳴海の関連記事)
見習うべきダイヤモンド社の取り組み 「刊行点数減って売り上げが増加」 する編集者の評価方法 

鳴海の Kindleユーザーレポート
『 Kindle Voyage 』 辞書いらず?英語学習にも最適!【体験レポート第3弾】
『 Kindle Voyage 』 ユーザーが使ってみて思ったこと【体験レポート第2弾】
『 Kindle Voyage 』 届いた!【体験レポート第1弾】

「Word Wise」 は洋書タイトルの文章中に出てくる難しい英単語の上に、簡単な英語で言い換えた説明が自動的に表示される機能。日本語でのヒントではなく、 英単語を英語で説明するところがミソ。これはもう英語を習得したいユーザーにはたまらない機能ではないか。

↓↓↓ 書評ブロガーなら絶対 <買い> である!
↓↓↓ ハイライト機能を使えばコピペできる!


●最新機種は こちら↓
Kindle Voyage Wi-Fi、キャンペーン情報つきモデル
Kindle Voyage Wi-Fi、キャンペーン情報つきモデル
●廉価版は こちら↓
Kindle Wi-Fi、キャンペーン情報つきモデル
Kindle Wi-Fi、キャンペーン情報つきモデル



posted by 鳴海寿俊 at 13:25| Comment(0) | ネット・電子書籍 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください