2013年05月30日

【現役サラリーマン】の著者が書いたビジネス書


 今回は【現役サラリーマン】の著者が書いた本をピックアップしてみる。

 ちなみに、私の経験上【現役サラリーマン】の著者が書いた本では、ほとんどハズレがない。【起業家】という肩書はついているが、起こした会社の社名は聞いたことがない・・・ とか、【コンサルタント】だけど読者のためというよりも、宣伝のために本を書いた感じがプンプン伝わってくる・・・ 「自称」○○ の駄本に出会った時、本当に嫌気がさしてしまう。

 その点【現役サラリーマン】が一生懸命書いた本には、心を奪われてしまう。

「本業を抱えながら、執筆するなんてスゴイ!」

 【現役サラリーマン】 という肩書が、説得力を高めているのかも知れない。なかなか尊敬できる先輩や上司に出会えない昨今、【現役サラリーマン】は最強の教師である。では私が読んでおススメしたい本を紹介してみよう。



 最近読んだ本では 『最強のNo.2』 がある。著者は、このアメブロの(株)サイバーエージェントの取締役人事本部長の曽山哲人氏である。

4799313118最強のNo.2 (U25 SURVIVAL MANUAL SERIES)
曽山 哲人
ディスカヴァー・トゥエンティワン 2013-04-13

by G-Tools
 └ 鳴海の紹介記事は こちら


 また、昨年3月に発行されて36万部突破、いまだにビジネス書ランキングにランクイン中の『99%の人がしていないたった1%の仕事のコツ』の河野英太郎氏は、1973年生まれで日本アイ・ビー・エム(株)に勤務している。

479931134499%の人がしていないたった1%の仕事のコツ
河野 英太郎
ディスカヴァー・トゥエンティワン 2012-03-12

by G-Tools
 └ 鳴海の紹介記事は こちら


 昨年のビジネス書ランキングで常連、20万部突破の 『100円のコーラを1000円で売る方法』 の永井孝尚氏(1962年生まれ)も日本アイ・ビー・エム(株)だ。

4046028238100円のコーラを1000円で売る方法
永井 孝尚
KADOKAWA/中経出版 2011-11-28

by G-Tools
 └ 鳴海の紹介記事は こちら


 2011年Amazon和書ベストセラー第100位にランクインした 『イシューからはじめよ』 の著者の安宅和人氏(1968年生まれ)はヤフー(株)。

4862760856イシューからはじめよ―知的生産の「シンプルな本質」
安宅和人
英治出版 2010-11-24

by G-Tools
 └ 鳴海の紹介記事は こちら


『明日からつかえるシンプル統計学』 の著者の柏木吉基氏(1972年生まれ)は、日産自動車(株)。



 『プラス思考をやめれば人生はうまくいく マイナス思考法講』 の著者も「ココロ社」と名乗っているが、1971年生まれの現役サラリーマン(勤務先は不明)だ。

4484102196プラス思考をやめれば人生はうまくいく マイナス思考法講座
ココロ社
CCCメディアハウス 2010-06-25

by G-Tools
 └ 鳴海の紹介記事はこちら


 以上は最近のタイトルたが、私の中での【最強】はやっぱり 『考具』 だ。

 【現役サラリーマン】著者の元祖ではなかろうか。2003年に発行された本書の著者は加藤昌治氏。(株)博報堂(1994年入社)に勤務しながら、サラリーマン9年目のキャリアで、超ベストセラーを生み出した! 当時、【現役サラリーマン】でも「本を出せる」という期待感と「こんなスゴイ本が書けるのか」という驚きを持って、本書を手にしたのをよく覚えている。

4484032058考具 ―考えるための道具、持っていますか?
加藤 昌治
CCCメディアハウス 2003-04-04

by G-Tools
 └ 鳴海の紹介記事はこちら


 その他、サラリーマン目線で書かれたおススメ本をピックアップしておく。

(鳴海の紹介記事リンク)
 ・ 『草食系ビジネスマンのためのストレスフリー仕事術』 (奥田弘美著/草思社)
 ・ 『「もうイライラしたくない!」と思ったら読む本』 (心屋仁之助著/中経出版)
 ・ 『「うつ」な人ほど強くなれる』 (野口敬著/アスカビジネス)

 私もひそかに 「著者」を目指している が、【現役サラリーマン】のマインドは忘れずにいたいと思う。

にほんブログ村 本ブログ ビジネス書へ ← めざせ1位!あなたの応援ポチッが励みになります



posted by 鳴海寿俊 at 00:00| Comment(0) | 出版社・著者(作り手) | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください