2016年06月12日

中央公論新社「業績復調の背景と上昇戦略」(『新文化』16/6/9号)

 2年連続の赤字に苦しんでいた中央公論新社が、2016年3月決算で増収増益に転じたとの記事が『新文化』16/6/9号の一面を飾った。

 社屋移転、倉庫の統合などの対策は目新しさを感じないが、記事を読む限り、復調の背景は社内の意識改革にあるように感じられた。それは大橋義光社長の言葉からうかがえる。

 販売好調であった3つの要因として、1つ目に「作品力」を挙げては「作家の先生の力」と述べ、2つ目は「書店・取次の支援」のおかげと謙虚な大橋社長。でも私は1つ目も2つ目も、3つ目に挙げている「社員の知恵と工夫、頑張り」が実を結んだのだと思う。

 出版業界の中からは、不況の原因を他者に押し付けるかのような声も聞こえる。本を読まない読者や若者が悪い、読書振興策を強化しない政府が悪いといった論調やamazonに対する規制を求める声などだ。

他力本願の前に自らがやるべきことがあるだろう!? 

駄本を読まされ続けた一人の読者として叫びたい。ただ救いなのは、2年連続赤字という痛みを乗り越えて、自ら律して謙虚に取り組み、意識改革を図っている中央公論新社のような本の作り手がいること。私が今回の『新文化』の記事で着目したのは次の2点だ。

── 年度末の"駆け込み出版"も中止されたと伺いました。

「いろんな統計がありますが、どうも3月期の出版点数は業界全体として多すぎるようです。しかも3月期は決算があり、新年度前。読者の立場に立つと異動や転居もあって、忙しくてお金のない時期で、ゆっくり本を読む環境にはない。加えて教科書や参考書を扱う書店はその準備で忙しい。そう考えると、むしろ刊行点数は少なくすべきと思いました」

(大橋社長コメント)

 いたってフツーの思考なのだけれど、このような冷静な分析とコメントを出版業界の人がしているのは初めて聞いた気がする。私は個人的に 編集者がロングセラーを生み出すことを高く評価し、結果的に新刊点数を減らしつつも売上を伸ばす取り組み を行っているダイヤモンド社の姿勢が気に入っているのだが、中央公論新社含め、このような改革に取り組む出版社が増えて欲しいものである。

 着目点の2つ目は、中央公論新社が「いい本とは何か」を問い直す姿勢があることだ。大橋社長はこう述べる。

 いま、「いい本とは何か」を改めて問う必要を感じています。実はこの4月、企画力アップの方策について社員からアイデアを募集したところ若手社員を中心に50~60件も集まりました。

「売れないのは読者がついてこないから」

というのは言い訳に過ぎません。しかし読者が求めるものだけを作っていても、新たな気づきや感動を呼び起こす本は提供できない。

 では、そのために私たちは何をすべきか。当社はまじめで堅く柔軟性がないといわれることがありますが、組織のあり方や人材育成まで含めて考え直していきたい。社員から集まったアイデアかは宝の山です。これから一つひとつ磨いて光るものにしていきたいと思っています。

(大橋社長コメント)

 このコメントを読んで、『文化通信』取締役編集長の星野渉氏の言葉を思い出す。

「出版業界は、ややもすると『読書離れ』などといって、『読まない者が悪い』といった切り捨て方をするが、『読まれない物が悪い』と考えて、出版物に新たな価値を付加するような業界としてのアプローチも必要ではないか」 (『文化通信』 2012/9/10号「出版時評」より)

 そう、向けるべき矛先は・・・ 読者でもなければ、政府でもなく、amazonでもない! 自らに向けよ! 読者の一人としてこう言いたい。可処分時間をスマホに奪われない、魅力的な本づくりをして欲しいものである(紙の本にこだわらずにね!)。

にほんブログ村 本ブログ ビジネス書へ ← めざせ1位!あなたの応援ポチッが励みになります



ラベル:中央公論新社
posted by 鳴海寿俊 at 00:20| Comment(0) | 出版社・著者(作り手) | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください