2016年12月25日

(仮説)金持ちか片付けが得意な人以外は大して紙の本を買わない!?

 紙の本をほとんど買わなくなって久しい。Kindleを購入したのが2014年。その後、快適な読書ライフに大変満足している。何と言っても、何冊もの紙の本を持ち運ぶ必要がないのが嬉しい。Kindleを買う前は、1冊読み切ってもう1冊読みたいという時のために、常に複数冊をカバンに入れていた。重たいし、日によっては持ち出した本を全て読み切れるわけではない。だから、読み切れなかった時は、何となく無駄骨に終わった気がして残念な気持ちがした。次は減らそうか、いや読む本がないのは辛いから多めにに持っていくか・・・ という迷いが常にあった。でも、Kindleならそれがない。いつでも買った本が読めるし、新たに読みたくなった本が移動中に買えるのだから。

 紙の本が読者に強いる【3重のコスト】(持論)については、 このブログでも何度も触れた 。

読者が支払う 【3重のコスト】
 1.購入するための 【お金】
 2.整理するための 【時間】
 3.処分することに対する心理的な 【痛み(抵抗感)】

 紙の方が割高だし、かさばる。保管スペースは無限ではないから、一部の本は手放さなければならない。これらのコスト(いや私にとってストレス)からは、電子書籍であれば解放される。なのに未だ、読みたいと思った本が電子化されていないことが多々ある! それは電子書籍の便利さが認知されておらず、ニーズの高まりがまだ不十分なのだと推測する。

 不信感を抱くのが、多読家であろう書店員たちの、電子書籍に対する批判的な姿勢である。多読家たちが 【電子書籍ウェルカム】 の雰囲気をどんどん作ってくれれば、紙・電子の同時発売が当たり前になるはずなのに・・・ (いや、待てよ)。私は1つの仮説を思い浮かべる。

 書店員は本をそれほど読まない(買わない)のではないか・・・

 昨今の書店業界について、書店員の給料はそれほど高くなく、雇用の維持も難しいと聞く。経営も厳しく、人員削減も強いられているとすれば、残業も増えて、書店員の読書時間も書籍購入に費やす金額も減っているだろう。でも本当の本好きであれば、家賃は減らしても書籍購入費用は減らさないはず・・・ とすると本棚は一杯になるから、どうしても一部の本を処分せざるを得なくなる。本の処分については、私が感じる以上に書店員たちは抵抗感を持つはずだ。

 本を処分する・・・ という状況に至らない書店員はそれほど多くの本を買っていないはずだ! よほど広い部屋に住んでいない限り、購入した本を溜め込む大きな書棚スペースは持ち合わせていないはずだ! 普段、本に囲まれた職場でペラペラとめくっただけで読んだ気になっているだけではないのか! 購入しなければ業界にも貢献しておらず、著者にも還元していない! 

 「電子書籍なら場所を取らずに済む」 と頭をよぎったとしても、電子書籍を買うことはタブーとされているのかも知れない。

 電子書籍を買うことに対する抵抗感

があるのだろう・・・ だったら、書店員が抵抗感を持たずに済むスキームを作ればいい。ドイツの 【tolinoアライアンス】 などは大変参考になる。リアル書店で電子書籍を販売しても、手数料が入ってくるから書店員は抵抗なく、電子書籍をお客様に売ることができる。

 日本でも遅ればせながら、 書店における電子書籍販売事業概要(総括版)(出典:一般社団法人日本出版インフラセンター) という取り組みが始まっているようだ。とにかく、出版業界・書店業界は読者の方を向くべきである。書店ありきとか、紙の本ありきとか、身内をどう守るかとか・・・ こだわりを捨てて、他の業界では当たり前のユーザー目線で物事を考えて欲しい。

 最後に、しつこいようだが、記事タイトルの仮説について触れておく。

 「金持ち」は書斎や書棚など本の保管スペースを多く持っているから、紙の本がかさばるとか、処分しなきゃという発想があまり起きないはず(いや躊躇なく、同一書籍で電子と紙の両方を買っているかも知れない)。そして「片付けが得意な人」はきっと、本に限らず使わない物はバッサリと切り捨て、処分するであろう。

 この両者以外の多読家はどうしたって、溜まっていく本の処理方法を考えざるを得ない。普通に考えれば、自然な流れとして紙ではなく電子の本に流れるはずなのである。コレクションとして紙の本を残そうとする人(残す金銭的/スペース的なゆとりのある人)は金持ちであり、紙の本を買い続けて何のストレスも感じていない人は、実はそれほど多くの本を買っていない、つまり多読家ではないのである・・・

 これが私の仮説である。最後にもう一言。多読家でない書店員に何の価値がある? まず本を買って読んで欲しい! そしてくだらない本は仕入れないでいただきたい!(並べて客を惑わすな!) お客様のニーズ(紙か電子か)に合わせておすすめして欲しい! 究極は これ だと思う。

 そういう意味では、さわや書店の田口幹人氏のストイックな姿勢には敬意を表する(紹介記事は こちら )。出版不況の中でも頑張っている人が少なからずいる。私は読者として、この麻痺した業界にメスを入れることができたら本望である。

出版業界を変えてくれそうなキーパーソン[随時更新]

●鳴海の Kindleユーザーレポート
⇒? 『 Kindle Voyage 』 辞書いらず?英語学習にも最適!【体験レポート第3弾】
⇒? 『 Kindle Voyage 』 ユーザーが使ってみて思ったこと【体験レポート第2弾】
⇒? 『 Kindle Voyage 』 届いた!【体験レポート第1弾】

●最新機種は こちら↓
Kindle Oasis Wi-Fi + 3G バッテリー内蔵レザーカバー付属 ブラック キャンペーン情報つきモデル
B00URAWX62
●廉価版は こちら↓
Kindle Wi-Fi、ブラック、キャンペーン情報つきモデル、電子書籍リーダー
B00KDROTZM

●その他、鳴海の関連記事
買おうとした本が電子化されていないことに気づいた時の残念感をフローにしてみた【1】
買おうとした本が電子化されていないことに気づいた時の残念感をフローにしてみた【2】
買おうとした本が電子化されていないことに気づいた時の残念感【TVドラマ原作本の場合】

にほんブログ村 本ブログ ビジネス書へ ← めざせ1位!あなたの応援ポチッが励みになります



ラベル:電子書籍
posted by 鳴海寿俊 at 23:17| Comment(0) | ネット・電子書籍 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください