2017年05月07日

書協『2016年書籍の出版企画・製作等に関する実態調査(第5回)』過去調査からの推移分析(3)

書協『2016年書籍の出版企画・製作等に関する実態調査(第5回)』過去調査からの推移分析(3)

→→ つづき(はじめから読みたい方は こちら )

設問5.電子書籍について(雑誌は含めない)

(1)電子書籍を刊行していますか。

 ① している ・・・ 167社 (有効回答出版社: 231社のうち、72.3%)  
 ② していない ・・・ 62社 (有効回答出版社: 231社のうち、26.8%
 ③ 記入なし ・・・ 2社 (有効回答出版社: 231社のうち、0.9%

 【刊行していない理由】
 ・ 採算がとれない (6社)
 ・ 今のところ必要なし (5社)
 ・ 準備中/検討中(5社)
 ・ 販路が整っていない (4社)
 ・ 手が回らない (4社)
 ・ 商品群の性質上、電子書籍に適するものがないため (4社)
 ・ 著者との調整ができていない (1社)
 ・ データの統一性に不安 (1社)
 ・ 「紙」あっての本と考えるため (1社)


出典: 『2016年書籍の出版企画・製作等に関する実態調査(第5回)』

 出版社が書籍の電子化に踏み切れない理由については以前、こちらの記事でwebで得た情報を紹介したが、今回公式な調査結果に触れることができて良かった。

 出版社に配布されたアンケート用紙が掲載されていない(第3回・2005年以降)ので推測ではあるが、理由は複数回答であろう。「採算がとれない」という理由は死活問題に関わるので仕方ないにしても、回答数が少ないとは言え、「今のところ必要なし」「準備中/検討中」「手が回らない」 が上位に来ているのは、電子派の読者をないがしろにされているようで非常に残念である。

設問5.電子書籍について(雑誌は含めない)

(2)刊行のタイミングについてご記入ください

 (対象出版社:167社)

 ● 新刊はほぼ紙版書籍の発行と同時 ・・・ 35社
 (対象出版社: 167社のうち、21.0%) 

 ● 紙版書籍刊行後 1~3カ月後 ・・・ 21社
 (対象出版社: 167社のうち、12.6%) 

 ● 紙版書籍刊行後 6カ月後 ・・・ 8社
 (対象出版社: 167社のうち、4.8%) 

 ● 紙版書籍刊行後 1年 ・・・ 5社
 (対象出版社: 167社のうち、3.0%) 

 ● 紙版書籍刊行後数年経過後 ・・・ 4社
 (対象出版社: 167社のうち、2.4%) 

 * 時期が不確定な回答は割愛


出典: 『2016年書籍の出版企画・製作等に関する実態調査(第5回)』

 ダイヤモンド社のように紙版と電子版を同時発売する体制を整えている出版社は21.0%とのこと。

 ただし、この数字は電子書籍を刊行している出版社167社に占める比率であるから、電子書籍を刊行していない出版社を含む全体(有効回答出版社: 231社)に占める比率は15.2%にまで低下する。

 紙版刊行後3カ月以内(35社+21社=56社)にまで広げても、24.2%にしかならない。

 これではいざ、話題になったり、ランキング上位に入ったとしても、電子派の読者は待ちきれず、チャンスロスとなってしまうだろう。

 ちなみに私は「Kindle Alert beta ver.」というサービスを使っている。まだ使い始めたばかりだが、Kindle で読みたいその本、Kindle に対応したら Twitter でお知らせしてくれるので有難い。

 今回ご紹介した『2016年書籍の出版企画・製作等に関する実態調査(第5回) 』は、書協(日本書籍協会 )という言わば業界の身内が行った調査ではあるが、読者目線で分析すると新たな気づきがあった。不定期の調査のようなので、次がいつになるか分からないが、継続的にウォッチしていきたいと思う。

 そしてこれからも読者のために、出版業界を変えてくれそうなキーパーソンたちをこのブログで応援していきたい。


にほんブログ村 本ブログ ビジネス書へ ← めざせ1位!あなたの応援ポチッが励みになります
posted by 鳴海寿俊 at 22:31| Comment(0) | 出版社・著者(作り手) | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください