2012年11月19日

書店界のゴッドファーザー「出版点数を減らせばいい。くだらない本が多すぎる」

 『文化通信』2012/11/19号の記事で、天狼院書店 の三浦崇典氏 の対談相手だった " 書店界のゴッドファーザー " っていったい誰なんだろう!?
─────────────────────────────────
この業界を救うための唯一の方法
新しい書店の形を考える⑤

─────────────────────────────────
 三浦氏は自身の天狼院書店の記事で、この人物が誰か特定できないよう気遣っていた。誰なのか気になるが、それはさておき、ゴッドファーザーの言いっぷりが何とも気持ちいいのでピックアップして紹介する。

三浦氏
「この業界を良くするにはどうすればいいでしょうか。」

"ゴッドファーザー" 曰く・・・
「出版点数を減らせばいい。くだらない本が多すぎる」

 いや-、よくぞ言ってくれました!

 記事で三浦氏は「(出版点数が多すぎることに)売る側も、作る側ももう気づいているはずだ」と言うが、私をはじめ読者だってとうの昔に気づいている・・・この出版業界の異常さにも。「くだらない」とまではなかなか言い切れないので、ゴッドファーザーが読者(私)の気持ちを代弁してくれたようでとても嬉しかった。

 10年ほど前、私がネット書店の立ち上げに携わった時に驚いたことは、出版社が自社の在庫を単品管理できていないこと。そして、ユーザーの注文(例えば「お取り寄せ」という注文)に対して、責任を持ってデリバリーするという感覚が麻痺して、一方的にキャンセルしても構わないという雰囲気があったことだ。

 書店が発注しても、満数納品されないのが当たり前の業界(当時)。私もこの感覚に慣れようと必死だった・・・でもやっぱりおかしい!日々葛藤であった。Amazonの上陸や電子書籍の普及は、出版業界にとっては良い刺激になり、昨今ではかなり改善してきたように思う。

 この記事では三浦氏もバッサリ!

三浦氏
「現状、二番煎じ三番煎じの本ばかり、同じ著者の同じような本ばかりが並んでいる」

「出版点数を減らすと、どういうことになるだろうか。書店の側から考えると、新刊入れ替え、および返品の業務が激減することとなり、書店の利益を圧縮する人件費を圧縮できる。また、ひとつひとつの本が棚に残る可能性が高くなり、重版率も高くなる。書店の方では雑務が減るので、積極的に仕掛ける時間ができるようになる。」

「出版社の営業も少ない点数を案内することができるようになるために、負担も少なくなる。もちろん、編集者は例えば年間10冊のノルマが5冊に減れば、1冊にかける時間が多くなり、本の完成度が高まる。このサイクルに持っていければ、重版率が上がり、返品率が下がる。」

 この記事についての詳しい紹介は こちら をご覧いただきたい。ゴッドファーザーについての情報について、現時点ではほとんど見つからなかったのだが、入手したら逐一紹介していこうと思う。

にほんブログ村 本ブログ ビジネス書へ ← めざせ1位!あなたの応援ポチッが励みになります

posted by 鳴海寿俊 at 00:00| Comment(0) | 応援したいキーパーソン | 更新情報をチェックする

2012年11月08日

木暮太一氏「出版社に大切なのは本気でつくること」

 11月1日号の『新文化』で元気が出る記事に出会った。

 「僕たちはいつまでこんな働き方を続けるのか?」(星海社新書)の著者の木暮太一氏、星海社新書編集長の柿内芳文氏、天狼院書店の三浦崇典氏の対談記事である。

 私が読者の立場で、いくら吠えたところで何も変わらないが、彼らは私が思っていることを代弁してくれていて、とても気持ちがいい。一面記事のキャッチコピーはこれ ↓↓

─────────────────────────────────
こんな働き方をいつまで続けるのか?
 【鼎談】 作家・出版・書店人は "主体性" 取り戻せ!

─────────────────────────────────
 書き出しこそ、『僕たちはいつまでこんな働き方を続けるのか?』(星海社新書)に掛けているが、"働き方" という狭義のことではなく、彼ら自身が関わっている出版業界を自分達で立て直していきたい! という熱意がひしひしと伝わる記事である。

 個人的に気に行ったコメントをいくつかご紹介する。

◆木暮氏
「出版社に大切なのは本気でつくること。それは当たり前のことですが、そう思える編集者は少ない。この本はどう編集したらうまくいくのかも考えない。目をつぶってバットを振っているようにみえる。(売行きは)出してみないと分からないという本が多過ぎる。それは出版までのプロセスがないからです。」


木暮氏は著者であり、またマトマ出版という出版社の社長でもあるから説得力がある。このブログでも何度も引用しているフレーズであるが、勝間和代氏が言う "easy" な本が多いのは、読者でも感じるところである。何度も読み返したいという本が出ない限り、わざわざ買って読もうと思う人は減ってきてしまうのではないか・・・それが私の懸念。

 製造業が一世を風靡した時代は、大量生産の時代であった。だから "とりあえず" 作ってみるとか、"とりあえず" 販売してみる・・・なんて思考は有り得なかった。なぜなら大量生産するためには、高額な投資が必要な【金型】が必要で、それはそうそう簡単に一度決めた仕様を変えることは許されない代物だったからだ。私もメーカーの開発部門で商品企画を担当していたから、よく分かるが安易な仕様変更は通らなかったからこそ、真剣に "モノ作り" に携わっていたのを思い出す。

 しかし今はサービス業の時代、"モノ"は少量多品種。本作りだってデジタルデータで処理される時代だから、直前の改変もある程度融通が利く(はず)。活版印刷の時代なら誤植があろうものなら、大変なことになる? だから出版社の本作りにかける姿勢も、今より真剣に取り組まれていたのではないかと勝手に想像する。

 11/7付の日経新聞朝刊の「変貌 製造業」の記事で、3Dプリンターの技術により1日で試作品のフィギュアが安く製造できる、という技術が紹介されていた。以前であれば試作コストも高額であるため、より試作コストや開発期間を短縮するため、【コンカレント・エンジニアリング】という手法(製品開発の初期段階から、商品設計、実験評価、生産準備、製造・出荷にまで至る各プロセスの設計を同時並行的に進行する手法)が取り入れられていた。これは各担当者が各々のプロセスを意識しながら、知恵を振り絞って取り組まなければ成立しない。

 しかし、安く/速く 試作品が作れる仕組みがあれば、いちいち考えなくても「作っちゃえばいいじゃん」となり、安易な商品開発が横行しかねない。この3Dプリンターの技術の進歩は、開発期間短縮・コスト減につながる反面、諸刃の剣になりかねないだろう。

(さて話を戻そう)また木暮氏はこうも言う。

◆木暮氏
「著者は偉ぶるなと言いたい。人気がなくなったタレントがテレビ局に呼ばれなくなるのと一緒で、本気で書かないと次がないことを分かっていない。世の中に良いコンテンツを出して、読者に喜んでもらい、いかにして利益を生むか、それを分かっているプロ意識のある著者が少ない。」


いや~気持ちがいい(笑)

 どうしてこれほどまでに、上から目線で "偉ぶっている" 著者が多いのだろう。確かに本を出す技量があり、著者として "選ばれし者" であることは間違いないし、私もなりたくてもなれないから、スゴイとは思うけど・・・ もう少し、謙虚さを持ち合わせて欲しい。

 読者として、ブロガーとして言わせていただくと、著者の自慢話ばかりで、文体が偉そうだと、辛くて最後まで読み切れないし、人にも薦める気にならない。そして私のようにブログで本の紹介をしようにも、誹謗中傷は避けたいから紹介すらしにくい(最近は著者の方向けに読者目線での助言モードで書くことはあるが)。だからおのずと露出は減り、出版業界の衰退につながりかねない。

三浦氏は書店の立場でこう述べる。

◆三浦氏
「書店ではいま、安い給料だから結婚できない若い人が多いんです。働く意欲もなくなります。貯蓄もないので暖簾分けで独立する書店員はいません。いま、一番いいと言われている転職先は出版社です」


なんとも・・・その出版社が安易な本作りをしているようでは危うい。柿内氏は出版社の立場でこう述べる。

◆柿内氏
「ベストセラーにするだけがすべてではないと思います。売れることは重要だし、それを目指しているのですが、それがゴールではない。なにかしらの文脈をつくることが編集者の仕事。書店店頭のことを含め、もっと広い意味の編集が求められている。そんなことを話しても青臭くないですよね(笑)」


 正直感心した。本の "編集" にとどまらず、書店店頭も含めた広い意味での "編集" を考えているとは恐れ入る。また「青臭くないですよね」って自分で落とすところの謙虚なバランス感覚・・・応援したくなるのはこの姿勢だと思う。

 著者/出版社/書店の各々の立場で情熱を語る3名には、今後とも読者として期待したい。そして1ブロガーとして、大した露出ではないが取り上げていきたい。何度も読み返したくなる、血肉となるような良書を出して欲しいから・・・

◆木暮氏の最新刊 ↓↓ 「木暮太一のブログ」
406138516X僕たちはいつまでこんな働き方を続けるのか? (星海社新書)
木暮 太一
講談社 2012-04-26

by G-Tools

※鳴海の紹介記事はこちら

◆柿内氏がプロデュースした言わずと知れた名著 ↓↓
4334032915さおだけ屋はなぜ潰れないのか? 身近な疑問からはじめる会計学 (光文社新書)
山田 真哉
光文社 2005-02-16

by G-Tools


にほんブログ村 本ブログ ビジネス書へ ← めざせ1位!あなたの応援ポチッが励みになります

posted by 鳴海寿俊 at 00:00| Comment(0) | 応援したいキーパーソン | 更新情報をチェックする

2012年07月19日

柿内芳文氏「ヒット作の類似本をつくろうという発想では熱意が続かない」

 このブログでは、誹謗中傷を書くつもりは毛頭ないのだが、出版社や著者、または出版プロデューサーと呼ばれる方々に対して、偉そうながら苦言を呈することも多い。しかし、今日「新文化」という業界紙をペラペラと見返していたら、最初に読んだときは気にも止めていなかったとある編集者の紹介記事が目に付いた。

「こんな素晴らしい考えを持った編集者もいるのか」

と関心したので、ぜひ紹介してみたいと思う

■■─────────────────────────────────
 次世代へ発信する「星海社新書」
 【新文化 2012年6月28日号より】
─────────────────────────────────■■
 もう1ヶ月ほど前の記事であるが、顔写真入りで紹介されていたのが、編集長の柿内芳文氏、その人である。過去に以下のような話題作を世に送り出してくれた人物である。

4334032915さおだけ屋はなぜ潰れないのか? 身近な疑問からはじめる会計学 (光文社新書)
山田 真哉
光文社 2005-02-16

by G-Tools
◆ミリオン達成!

4334033709若者はなぜ3年で辞めるのか? 年功序列が奪う日本の未来 (光文社新書)
城 繁幸
光文社 2006-09-15

by G-Tools
◆40万部突破!

記事で紹介されていた彼の発言を紹介しよう。

「次世代に向けた本を作らなければいけない。これまで多くの出版社はその部分で怠けてきたと思います。」

「僕はずっと、『このままだと、出版業界は良くなることはない』と思っていました。業界全体の業績は上がらず、出版界には若い人が少なくなっていましたから」

 こんな風に語る柿内氏がこれまでプロデュースしてきた書籍はオリジナリティーが高く、【ヒット作の二番煎じ】は存在しないのだという・・・ そして、「ヒット作の類似本をつくろうという発想では熱意が続かない」ともいう。

 星海社新書が創刊されたのは、年9月らしいが、10ヶ月で4タイトルが発行部数5万部を越えたそうである。

4061385011武器としての決断思考 (星海社新書)
瀧本 哲史
講談社 2011-09-22

by G-Tools
◆10刷・25万部

4061385038仕事をしたつもり (星海社新書)
海老原 嗣生
講談社 2011-09-22

by G-Tools
◆5刷・7万部

406138516X僕たちはいつまでこんな働き方を続けるのか? (星海社新書)
木暮 太一
講談社 2012-04-26

by G-Tools
◆5刷・5万部

「たしかに、年配者向けの本をつくるほうが、売上的にはいい。しかし、みんながその方向ではしょうがない。」

 そんな柿内氏の思いが詰まった星海社新書シリーズ。ターゲットは20~30代、「本を読まない世代」と呼ばれる読者に今後どんなラインナップを加えてくれるのか楽しみである。

" 売れる本 " づくりは確かに必要。

 採算度外視では出版社も立ちゆかないし、新刊発行どころではない。ただ、企画屋である編集者には、売れかどうか以前に各々が本を通して何か訴えるべき何かを持っていて欲しい。そして、著者の立場である人も " 売れればいい " とか本業の宣伝のための " 営業ツール " として本を出すのは読者に対して失礼である。

 それを後押しするプロデューサーと呼ばれる方々も少なからず出版業界に携わっているのだから、業界を衰退させないよう、何らかのビジョンを持って著者を育成していただきたいものである。

言うは易し・・・

とは分かっていながらも、また偉そうに書いてしまった(汗)

今後、刺激的なパッションのある編集者や企画屋を見つけたら紹介していきたいと思う。

にほんブログ村 本ブログ ビジネス書へ ← めざせ1位!あなたの応援ポチッが励みになります

posted by 鳴海寿俊 at 00:00| Comment(0) | 応援したいキーパーソン | 更新情報をチェックする