2016年05月29日

著者になることにずっと憧れていた・・・

 著者になることにずっと憧れていた・・・

 シナリオの勉強をして脚本家になることを夢見たこともある。でもサラリーマンを続けながらの執筆は、構想止まりで着手できずにいたし、フィクションを描き切る自信を持てずにいた。

 サラリーマンの仕事を続けながら考えついたのは、ビジネス書の著者になること。日々の気づきをメルマガやブログ記事として書き溜め、1冊の本を書けるのではないか、と実感できたのは闘病を経てからこと。本を書く目的が「著者になること」だけではなく、純粋に「自分が経験した苦労を他の人にして欲しくない」という思いも芽生え始めていた。

どうせなら自費出版ではなく、商業出版で出してやろう!

 そんな気持ちが沸々とわいてきた。実際に【現役サラリーマン】の著者が存在していることも後押しした。

 原稿を書き上げたのは2010年のことだった。ベースとなっているのは、以下の記事。大学でデザインを学んで商品企画の仕事に携わり、クリエイティブの仕事を極めるのかと思いきや脱線・・・ コールセンターでのオペレーションや物流管理の仕事も経験した。

【連載コラム】 病む前に効く!仕事を減らしてラクになれる『仕事のクスリ』
 ┣ クスリ【01】『キャッチボール』  相手と気持ち良く仕事をするためのコツ
 ┣ クスリ【02】『インプット』 厳しいスケジュールで仕事を引き受けずに済むコツ
 ┣ クスリ【03】『スケジューリングの3機能』 仕事の遅延を未然に防ぎ【ゆとり】を手に入れる
 ┣ クスリ【04】『プライオリティー』 自己管理能力を高める仕事の優先順位決めのコツ
 ┣ クスリ【05】『業務改善』 【任せる】以前に【仕事自体をなくす】ためのアプローチ
 ┣ クスリ【06】『企画発想』 【仕事を変化させる】ことによりラクにするアプローチ
 ┣ クスリ【07】『自己否定』 自分の仕事が発生しなくなるテクニック
 ┣ クスリ【08】『未然防止・根本解決』 仕事の発生源を断ち仕事自体を発生させないコツ
 ┣ クスリ【09】『事前相談』 相手を味方につけて思い通りに仕事を進めるコツ
 ┣ クスリ【10】『あえて従う』 意見の食い違う上司に優越感を感じる究極の【上から目線】
 ┣ クスリ【11】『やり過ごす』 上司から面倒な仕事を押しつけられないようにするコツ
 ┣ クスリ【12】『美しい体裁』 相手の信頼を勝ち取り細かいチェックを受けずに済むコツ

 この脱線が結果的には良かった。前者は【企画発想】が求められ、新しいものを生み出すことが仕事であり、逆に後者は【業務改善】が求められ、どちらかと言えば<生み出す>ことよりも、<削る>ことが優先された。

 病気を経験して身につけた2つのアプローチ。これを社内外問わず、できるだけ多くの人に伝えたい気持ちが募った。そして、商業出版するための勉強をし始めた。

本を出したい人の教科書 ベストセラーの秘密がここにある出版で夢をつかむ方法ビジネスマンのための40歳からの本を書く技術「ビジネス書」を書いて出版する法―あなたのビジネス経験とノウハウを商業出版しよう! (DO BOOKS)
著者の素―採用される企画と出版社のしくみがわかるしろうとでも一冊本が出せる24の方法 (祥伝社黄金文庫) 新・いますぐ本を書こう!書きあぐねている人のための小説入門 (中公文庫)

 既に1冊分の原稿は書き上げていた。本来は順番が逆なのだが、出版社に持ち込むための企画書を後づけで書いた。実際に売り込んだ出版社は10社ほど。編集部の最終選考にまで残ったのは2社・・・ 結果的にはダメだったのだけれど良い経験だった。

 ※ 企画の持ち込み先の出版社のレスポンスは こちら
 
 その後、ビジネス書を<読者として>読むのではなく、<作り手側の観点>で読むようになり、出版業界という不思議な業界の実態を知ることとなった。

 それからというもの、負け惜しみではなく、ビジネス書の著者になることに対して違和感 を抱くようになり、それは出版業界に対する不信感に変わった。そして、知れば知るほどビジネス書を買うこと自体が馬鹿らしくなり、なぜかこんな業界を変えようとする勇気ある変革者たちを応援したいという気持ちに変わってきて、現在に至る。

まだ著者になりたいか?

という質問に対する答えは、Noだ。仮にオファーが来たら、一度断ってやろう(笑)。「自分が経験した苦労を他の人にして欲しくない」という純粋な気持ちで書いた原稿(オリジナルの仕事術)を、困っている人に送り届けたいという気持ちは無くなってはいない。しかし、この程度のコンテンツを紙の本にして売ったら、それこそ読者に【3重のコスト】を支払わせてしまいかねない(自虐)。でもいつか

電子書籍として発信できたらいいな・・・

とは思う。今はまだ夢の途中だ。

にほんブログ村 本ブログ ビジネス書へ ← めざせ1位!あなたの応援ポチッが励みになります



posted by 鳴海寿俊 at 07:45| Comment(0) | 【連載】 仕事のクスリ | 更新情報をチェックする

2012年08月25日

クスリ【10】『あえて従う』 意見の食い違う上司に優越感を感じる究極の【上から目線】

 上司から明確な指示を受けている場合、基本的には従うべきなのは当然だが、指示を受けていない場合には、自分の考えをまとめて、意思を持って相談したい。次の例は上司に相談するスタンスとしては、いずれも悪い例である。

× (A)自分の考え(意思)を持たず、安易に上司の指示を求めること
× (B)方針について事前確認をせずに、仕事を進めてしまうこと

 (A)はスキルアップのためにも、まず自分なりの考えをまとめるという手順を踏むべきだし、(B)は方針が正反対であった場合、費やした時間が無駄になってしまう恐れがある。(A)の場合であっても、どのように考えていいか見当がつかない場合には、「どのように考えたら良いでしょうか?」と正直に相談を持ちかけたい。

 逆に、上司と自分の意見において食い違いが生じた場合はどうしたらいいだろうか?

「一番分かっている自分が正しい!」

これはダメ。若気の至りで、私自身も思い入れを持って取り組んだ仕事ほど、「自分が一番分かっているのだから正しい!」と頑として譲らず、よく上司に反発したものだ。今思えば「自分は何様だ?」と感じるが、当時はどうしても自分の考えを譲れなかった・・・ 上司が「そこまで言うなら君に従うよ」とせっかく自分の意見を受け入れてくれたのに、結局失敗して上司に尻拭いをしてもらう。こんな後味の悪い経験をして得た、私のポリシーは次のようなものだ。

「失敗すると分かっていたとしても」
 最終的には上司に従う


 「失敗すると分かっていても」という点がポイントだ。これは、相手が仮に「ダメ上司であったとしても」である。少々ひねくれた考え方だが、自分がなぜその意見を主張するのかの説明はもちろん必要だが、上司に納得してもらえなかった場合は、素直に相手の指示に従うのだ。すると次のいずれかの結果となる。 

【上司の意見が正しかった場合】
 結果オーライである。上司に対して「さすが」と感じる(かも?)。声に出して言えば上司も悪い気はしないだろう。今後とも上司に 安心して(?)敬意を払うことができるはずだ。強引に自分の意見を 通さなくて良かったとホッとするだろうし、自分自身ももう少し謙虚にならなければ・・・ と反省する良い機会となるだろう。

【自分の意見が正しかった場合】
 部下の意見を受け入れず、上司が押し切ったのだから、上司自ら痛い目に遭っていただこう(これは冗談だが)。普通の神経の上司であれば、負い目を感じて、次からは部下の意見に耳を傾けてくれるはず・・・ またその判断により生じたダメージについては、責任を持って対処してくれるだろう(もちろん自分に責任転嫁されないよう細心の注意は必要であるが)。

失敗に備えたリカバリー策の準備をしておこう!

 繰り返しになるが、部下として強引に自分の意見を押し通すのは、結果がどちらに転んでも苦々しい思いだけが残る。上司の忠告通りだった場合には自己嫌悪に陥るだろうし、逆に自分の主張が正しかった場合には上司のプライドを傷つけてしまう。結果的にその後の信頼関係を歪めかねないので、やはり「失敗すると分かっていたとしても、最終的には上司に従う」が得策である。

 また更にワンランク上を目指すなら、上司に従って失敗した場合を想定して、(こっそりと)リカバリー策を準備しておくことだ。心底嫌な人間のように思われるかも知れないが、納得いかずに上司の忠告に従う以上、失敗した場合はスマートにリカバリーして、評価につなげたい。

 うまくいけば、上司から一目置かれるようになり、以後は自分の主張にも少しずつ耳を傾けてくれるようになるだろう。このような考え方ができてくると、部下だろうと上司だろうと関係なく、相手の主張をできるだけ通してあげて、「相手に気持ち良く仕事をしてもらいたい」という意識に変わってくる。この考え方はまさに

「自分は営業マン」という仕事のスタイル

である。 クスリ【01】 『キャッチボール』  相手と気持ち良く仕事をするためのコツとは? でも触れたが、「相手を喜ばす仕事のスタイル」を是非確立して欲しい。

chart_hotoke.jpg

 上司を立てながら、失敗した場合のリカバリーもできれば、上司も部下と同じようにコントロールできるようになる。これはマネジメントと言っていい。共感できない上司、尊敬できない上司・・・ これらの人間と行動を共にするのは非常にストレスである。

 でも「上司として認めている」フリをして、「かわいそうな人だな」と憐れみの気持ちで遠くから眺めてみることにより、冷静な気持ちになれる時はあるかも知れない。失敗すると分かっていても【あえて従う】ことにより、自分の立場が上司よりも上になった気がするので、精神衛生上は穏やかな気持ちで嫌な相手に臨むことができる。優越感というか、(究極の)上から目線というか・・・ 

 【あえて従う】というクスリは、上司との関係が取り返しがつかないほど悪化してからでは、効き目は薄いだろう。なぜなら、こちらの態度の変化に対して不信感を持たれかねないからである。「この上司にはついていけない」と感じたら、早めにこのクスリを使って欲しい。関係が悪化して、心身ともに疲れ果ててからでは効果がない。だからこそ「病む前に効く」クスリと言えるだろう。

【連載コラム】 病む前に効く!仕事を減らしてラクになれる『仕事のクスリ』
 ┣ クスリ【01】『キャッチボール』  相手と気持ち良く仕事をするためのコツ
 ┣ クスリ【02】『インプット』 厳しいスケジュールで仕事を引き受けずに済むコツ
 ┣ クスリ【03】『スケジューリングの3機能』 仕事の遅延を未然に防ぎ【ゆとり】を手に入れる
 ┣ クスリ【04】『プライオリティー』 自己管理能力を高める仕事の優先順位決めのコツ
 ┣ クスリ【05】『業務改善』 【任せる】以前に【仕事自体をなくす】ためのアプローチ
 ┣ クスリ【06】『企画発想』 【仕事を変化させる】ことによりラクにするアプローチ
 ┣ クスリ【07】『自己否定』 自分の仕事が発生しなくなるテクニック
 ┣ クスリ【08】『未然防止・根本解決』 仕事の発生源を断ち仕事自体を発生させないコツ
 ┣ クスリ【09】『事前相談』 相手を味方につけて思い通りに仕事を進めるコツ
 ┣ クスリ【10】『あえて従う』 意見の食い違う上司に優越感を感じる究極の【上から目線】
 ┣ クスリ【11】『やり過ごす』 上司から面倒な仕事を押しつけられないようにするコツ
 ┣ クスリ【12】『美しい体裁』 相手の信頼を勝ち取り細かいチェックを受けずに済むコツ

にほんブログ村 本ブログ ビジネス書へ ← めざせ1位!あなたの応援ポチッが励みになります



posted by 鳴海寿俊 at 00:00| Comment(0) | 【連載】 仕事のクスリ | 更新情報をチェックする

クスリ【08】『未然防止・根本解決』 仕事の発生源を断ち仕事自体を発生させないコツ

 これから紹介する考え方は、【自己否定】と同様に【業務改善】の「Eliminate(なくす、やめる、捨てる、除く)」や「廃止」の観点から導き出したものである。


 【自己否定】では、「私はその仕事に必要な人間だろうか?」という問いかけからスタートし、「いや私がいなくても問題ないはずだ」と思考を着地させた。これは存在している「仕事」自体(発生してしまうこと)を認めていることに他ならない。つまり「自分」の存在価値の方を否定して、結果的に自分につきまとう仕事をなくす(減らす)というイメージである。

 本来は原点に立ち返って、次のように問いかけて欲しい。

「その仕事は必要な仕事だろうか?」 

そうすれば、別のメンバーに抱えている仕事を引き継ぐことなく「仕事」自体をなくす(減らす)ことができるかも知れない。そして、次のような振り返りも必要だ。

「その仕事が2度と発生しないようにするにはどうすべきか?」

この2つのアプローチが【未然防止・根本解決】である。

 【自己否定】が「自分自身の存在の抹殺」なら、これらは「仕事自体の抹殺」である。意味合いは大して差はないが、【未然防止】を追及したものが【根本解決】であると解釈して欲しい。そして仕事自体を消し去るにはこの2つをワンセットで使って欲しい。

 なぜこの2つが必要なのだろうか? それは

【未然防止】だけでは、再発の可能性がある

からである。つまり、仕事が生まれる兆候を察知して、未然に防ぐというだけでは、都度何らかの処置が必要となる。2度と発生しないようにする対策、つまり【根本解決】が継続的に仕事を発生させない状況を作るために不可欠なのだ。

では2つの例を挙げて、整理してみよう。

(例1) クレーム対応

 ECサイトを運営している会社に勤務するAさんとBさん。Aさんはサービス企画を担当し、Bさんはコールセンターで、日々ユーザーのクレーム対応に明け暮れていました。Aさんは、競合他社が広告宣伝により急激に業績を伸ばしていることに焦りを感じて、新商品の取り扱いの企画を会社で早々と通してしまいました。しかも、Bさんへの詳細内容の説明やすり合わせはほとんどないままです。そして間もなく、十分な準備期間を経ずに、オンラインでの販売が開始されてしまいました。Bさんはますます忙しくなり、途方に暮れてしまうのでした。

 このような状況でBさんはどのような対応が取れるだろうか?

 【自己否定】のアプローチでは、「自分がいなくても困らない」ようにするために、クレームに対応できるメンバーを増やしたり、問合せ内容をパターン化して、トークマニュアルを作成するという対応となるだろう。

 一方、【未然防止】のアプローチでは、主なクレームの内容が例えば「新商品の説明が分かりにくい」ということであれば、画像を用いて分かりやすい表記に変えるという対応が取れる。これにより、クレームの件数自体が減るので「仕事の発生を未然に防ぐ」ことにつなげられるだろう。

 また【根本解決】のアプローチでは、クレームの原因となっている商品の取り扱い自体を止めてしまうことを提案できるかも知れない。あるいはそもそもの原因が「十分な準備期間を持たずに新商品の導入を行ったこと」であれば、新商品導入におけるチェック機能を見直すことが今後の解決策になるだろう。

 更に着眼点を機能や手続きではなく、人に向けることもできる。そももそこのような仕事のやり方をするAさんをサービス企画業務から外すことや、その企画実行を承認したAさんの上長を外すという考え方もある。

 もう1つ例を挙げてみよう。

(例2) 葉を蝕んでいる害虫の駆除

【自己否定】のアプローチでは・・・
 自分ではなく他の人に駆除してもらえないか考えることができる。

【企画発想】の【オズボーンのチェックリスト】 を使えば・・・
 (代用) 駆除は手で葉を取り去るのではなく、ハサミを使えないか?
 (応用) 木の幹を蹴って揺らして害虫を落とせないか?
 (拡大) 畑全体に農薬を散布して駆除できないか?
 (逆転) 害虫の天敵となる動物を生息させられないか?

などの害虫駆除の仕事をラクにするアイデアが浮かぶかも知れない。

また【業務改善】のアプローチをすれば、害虫をあえて駆除せず(自然に任せて)、害虫に強い品種が育つの待つ、害虫駆除の仕事自体を止めてしまう「廃止」という割り切りもできるかも知れない。

 では【未然防止・根本解決】のアプローチではどのような対応となるだろうか?

 【未然防止】のアプローチを取るならば、まだ害虫が発見された葉が蝕まれていなくても、枝ごと取り去ってしまうという方法があるだろう。これは害虫駆除の「仕事」の枠を超えた思考だ。一方【根本解決】のアプローチを取るならば、害虫が発生している幹自体を伐採してしまう、あるいはその畑全体の土を入れ替えるといった大胆なアイデアも出てくる。

chart_mizen.jpg

 注目すべきポイントは、【自己否定】、【企画発想】、【業務改善】のアプローチでは、害虫を駆除すること自体を(発生しても仕方がない)「仕事」であると認めた上で対応している点(たとえやらないという「廃止」のアプローチを取ったとしても、やる必要のない「仕事」と認めていることには変わりはない)。

 これに対して【未然防止・根本解決】は、言ってみれば害虫駆除自体を

「仕事」と認めない(「仕事」として発生すらさせない)
究極のアプローチ


である。この【未然防止】と【根本解決】の2つのキーワードは、言葉そのものがアプローチの仕方を示しているので、特に記憶する必要もなく手軽に取り組めると思う。昨今の不景気と変化の激しい市場環境において、私たちの仕事は日々変化している。昔ながらのやり方が、その当時は正しいやり方だったかも知れないが、今は適切なやり方とは限らない。変化に応じて意識や仕事のやり方を変える思考を常に持ち続けていれば無駄に忙しくなることはないはずである。

【連載コラム】 病む前に効く!仕事を減らしてラクになれる『仕事のクスリ』
 ┣ クスリ【01】『キャッチボール』  相手と気持ち良く仕事をするためのコツ
 ┣ クスリ【02】『インプット』 厳しいスケジュールで仕事を引き受けずに済むコツ
 ┣ クスリ【03】『スケジューリングの3機能』 仕事の遅延を未然に防ぎ【ゆとり】を手に入れる
 ┣ クスリ【04】『プライオリティー』 自己管理能力を高める仕事の優先順位決めのコツ
 ┣ クスリ【05】『業務改善』 【任せる】以前に【仕事自体をなくす】ためのアプローチ
 ┣ クスリ【06】『企画発想』 【仕事を変化させる】ことによりラクにするアプローチ
 ┣ クスリ【07】『自己否定』 自分の仕事が発生しなくなるテクニック
 ┣ クスリ【08】『未然防止・根本解決』 仕事の発生源を断ち仕事自体を発生させないコツ
 ┣ クスリ【09】『事前相談』 相手を味方につけて思い通りに仕事を進めるコツ
 ┣ クスリ【10】『あえて従う』 意見の食い違う上司に優越感を感じる究極の【上から目線】
 ┣ クスリ【11】『やり過ごす』 上司から面倒な仕事を押しつけられないようにするコツ
 ┣ クスリ【12】『美しい体裁』 相手の信頼を勝ち取り細かいチェックを受けずに済むコツ

にほんブログ村 本ブログ ビジネス書へ ← めざせ1位!あなたの応援ポチッが励みになります



posted by 鳴海寿俊 at 00:00| Comment(0) | 【連載】 仕事のクスリ | 更新情報をチェックする