2017年03月30日

紙の本より電子版を安くする必要は無いんじゃないか?

 以前書いた記事で、紙の本は電子版に対して、3重の負担が余計にかかっていると述べた。

紙の本に対して読者が負っている 【3重の負担】
 1.購入するための 【お金】(電子版との価格差)
 2.整理するための 【時間】
 3.処分することに対する心理的な 【痛み(抵抗感)】

 1.の【お金】について以前は、紙代や印刷代に加えて物流費などの流通経費がカットできるのだから、紙より電子の方が安くて当然! と考えていた。

 実業家で慶應SFCの特別招聘教授でもある夏野剛氏は、「東洋経済ONLINE」の記事でこう述べている。

 まあ何にしろ、電子版が出てくれるのは便利なことですし、コミック誌、週刊誌に限らず書籍においても、日本の出版社がようやくこれだけ電子化に前向きに取り組むようになったのは非常にいいことだと思います。

 ただ一点、なぜ価格が従来の紙のものとほとんど一緒なのかというのが、さっぱりわからない。

 本というのは、だいたい売り上げの1割が著者に入り、2割が書店に入ります。配本とか、売れ残り回収のための代金も本の値段に入っていますから、(こういった作業の必要ない)電子版を売るときの値段は、ざっくり半分以下まで下げてもビジネスモデルが成り立つはずです。

 ところが、書店さんへの配慮とか、いろいろな「大人の事情」があって、電子化された書籍も紙の書籍とほぼ同じ価格で売っている。僕は、これはあまり歓迎するべきことではないと思っています。

 なぜなら、マーケットが広がらないからです。たとえばコミックの単行本は500円くらいですが、それと同じ価格で電子版を買わなきゃいけないとなると、紙の本を買わない人は電子版だって買わないですよね。

(出典)
 東洋経済ONLINE『電子書籍は紙の「半額以下」でないと無意味だ』(2015/7/23)

 以前はすんなりと「その通り」と同意していたのだが、最近私の考え方は少し変わってきた。

 冒頭述べた通り、紙の本に比べた電子版の優位性は、1.の【お金】(紙との価格差)以外にも、2.の書棚を整理する【時間】がかからないことのほか、3.の処分に対する心理的な【痛み(抵抗感)】がないという点が挙げられる。

 「出版社が書籍の電子化に踏み切れない理由とは?」の記事でも書いたが、規模の大きな出版社でない限り、電子版を出すことのハードルは読者が考えている以上に大きいことを知った今は

紙の本より電子版を安くする必要は無いんじゃないか?

という考えに変わってきたのである。夏野氏は「同じ価格で電子版を買わなきゃいけないとなると、紙の本を買わない人は電子版だって買わない」と危惧しているが、むしろ紙の本が500円だとしたら、電子版も同じ500円であるのが当然、というように読者の意識も変えていかなければならないように思うのである。なぜなら

書棚を整理する【時間】が不要となることで物理的な制約から解放され、結果的に購入した本を処分しなければならないという心理的な【痛み(抵抗感)】も感じずに済むというメリットが電子版にある

からである。紙よりも便利なら、電子の方が逆に高くてもいい! という考え方もできなくはないが、紙の出版物の物流コストが上がっている現状をふまえると、紙の本の値段は据え置き、紙よりもメリットがある電子は紙と同額とする方が自然ではないか・・・ という考え方に変わったのである。

 それでは「マーケットが広がらない」と夏野氏は述べるが、電子版を出す余力が中小出版社にない以上、しかるべきコストを価格に転嫁せざるを得ないのもやむを得ないのではないだろうか。

 その代わり、作り手である出版社に求めたいのは、刷って取次に搬入すれば入金されるから、とりあえず新刊を出す・・・ といった「新刊を出すことが目的」のような自転車操業から早く抜け出し、読者に読まれる価値の高い本を出せる体制に少しずつ改善して欲しい。

選ぶのは読者なのだから、紙と電子は
必ず両方で世に出して欲しい!


価値のある本なら、読者は見合う対価を払うはずだ。

紙か電子かという議論ではなく、中身の議論と価値向上に努めて欲しい・・・ 作り手の人たちには。


にほんブログ村 本ブログ ビジネス書へ ← めざせ1位!あなたの応援ポチッが励みになります


posted by 鳴海寿俊 at 00:00
"紙の本より電子版を安くする必要は無いんじゃないか?"へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: