2017年03月30日

紙の本より電子版を安くする必要は無いんじゃないか?

 以前書いた記事で、紙の本は電子版に対して、3重の負担が余計にかかっていると述べた。

紙の本に対して読者が負っている 【3重の負担】
 1.購入するための 【お金】(電子版との価格差)
 2.整理するための 【時間】
 3.処分することに対する心理的な 【痛み(抵抗感)】

 1.の【お金】について以前は、紙代や印刷代に加えて物流費などの流通経費がカットできるのだから、紙より電子の方が安くて当然! と考えていた。

 実業家で慶應SFCの特別招聘教授でもある夏野剛氏は、「東洋経済ONLINE」の記事でこう述べている。

 まあ何にしろ、電子版が出てくれるのは便利なことですし、コミック誌、週刊誌に限らず書籍においても、日本の出版社がようやくこれだけ電子化に前向きに取り組むようになったのは非常にいいことだと思います。

 ただ一点、なぜ価格が従来の紙のものとほとんど一緒なのかというのが、さっぱりわからない。

 本というのは、だいたい売り上げの1割が著者に入り、2割が書店に入ります。配本とか、売れ残り回収のための代金も本の値段に入っていますから、(こういった作業の必要ない)電子版を売るときの値段は、ざっくり半分以下まで下げてもビジネスモデルが成り立つはずです。

 ところが、書店さんへの配慮とか、いろいろな「大人の事情」があって、電子化された書籍も紙の書籍とほぼ同じ価格で売っている。僕は、これはあまり歓迎するべきことではないと思っています。

 なぜなら、マーケットが広がらないからです。たとえばコミックの単行本は500円くらいですが、それと同じ価格で電子版を買わなきゃいけないとなると、紙の本を買わない人は電子版だって買わないですよね。

(出典)
 東洋経済ONLINE『電子書籍は紙の「半額以下」でないと無意味だ』(2015/7/23)

 以前はすんなりと「その通り」と同意していたのだが、最近私の考え方は少し変わってきた。

 冒頭述べた通り、紙の本に比べた電子版の優位性は、1.の【お金】(紙との価格差)以外にも、2.の書棚を整理する【時間】がかからないことのほか、3.の処分に対する心理的な【痛み(抵抗感)】がないという点が挙げられる。

 「出版社が書籍の電子化に踏み切れない理由とは?」の記事でも書いたが、規模の大きな出版社でない限り、電子版を出すことのハードルは読者が考えている以上に大きいことを知った今は

紙の本より電子版を安くする必要は無いんじゃないか?

という考えに変わってきたのである。夏野氏は「同じ価格で電子版を買わなきゃいけないとなると、紙の本を買わない人は電子版だって買わない」と危惧しているが、むしろ紙の本が500円だとしたら、電子版も同じ500円であるのが当然、というように読者の意識も変えていかなければならないように思うのである。なぜなら

書棚を整理する【時間】が不要となることで物理的な制約から解放され、結果的に購入した本を処分しなければならないという心理的な【痛み(抵抗感)】も感じずに済むというメリットが電子版にある

からである。紙よりも便利なら、電子の方が逆に高くてもいい! という考え方もできなくはないが、紙の出版物の物流コストが上がっている現状をふまえると、紙の本の値段は据え置き、紙よりもメリットがある電子は紙と同額とする方が自然ではないか・・・ という考え方に変わったのである。

 それでは「マーケットが広がらない」と夏野氏は述べるが、電子版を出す余力が中小出版社にない以上、しかるべきコストを価格に転嫁せざるを得ないのもやむを得ないのではないだろうか。

 その代わり、作り手である出版社に求めたいのは、刷って取次に搬入すれば入金されるから、とりあえず新刊を出す・・・ といった「新刊を出すことが目的」のような自転車操業から早く抜け出し、読者に読まれる価値の高い本を出せる体制に少しずつ改善して欲しい。

選ぶのは読者なのだから、紙と電子は
必ず両方で世に出して欲しい!


価値のある本なら、読者は見合う対価を払うはずだ。

紙か電子かという議論ではなく、中身の議論と価値向上に努めて欲しい・・・ 作り手の人たちには。


にほんブログ村 本ブログ ビジネス書へ ← めざせ1位!あなたの応援ポチッが励みになります


posted by 鳴海寿俊 at 00:00| Comment(0) | ネット・電子書籍 | 更新情報をチェックする

2017年03月29日

出版社が書籍の電子化に踏み切れない理由とは?

 読書はよほどの理由がない限り、電子版で読むと決めている私。

 以前の記事「買おうとした本が電子化されていないことに気づいた時の残念感をフローにしてみた」でも述べたが、テレビや新聞広告などで紹介されているのを見て、「さぁ(電子版を)買ってすぐ読もう」と心は決めたのに、紙版しか出ていないことを知った時の残念感ったらない! 何、このチャンスロスは!?

 私は、新刊の発売と同時に電子版が出されないことに対して、今までずっと【出版社の怠慢】だと思い込んでいた・・・ これだけ読者や読書のスタイルが多様化してきているのに、なぜ電子版で読むという【選択肢】を提供してくれないのか? 驚きを超えて不信感が募っていた。

 しかし、ブログ「京都から世界へ -藤田功博の京都日記-」の以下の記事をふと見つけて読んだ時、出版社に対して同情にも似た感情が沸き、自分の考えを少し改めることにした。2012年と少々古い記事ではあるが、記事の一部を引用してご紹介する。

「121201 出版社が電子出版(電子書籍)に踏み切れない3つの理由」
(2012年12月01日 09:00)

出版社が電子書籍の制作を躊躇する理由

① 見かけの売上高が減る
「出版社の経営者としては、電子書籍での販売「額」が紙媒体よりも多くなる、つまり、全体の販売数が大きく伸びて、単価値下げ分を相殺できるという確証が持てない限り、電子書籍に取り組むインセンティブが弱い」

② 「カラ売り」による決算ができなくなる
「再販制度をどんどん(悪い意味で)活用していくと、決算前の直前、たとえば3月に大量の新刊を出し、書店に仕入れてもらっていったん仮の売上と利益を計上する。そして決算期をまたいでから返本を受け付けて、そこで損失を計上するのだ。そして次の3月が来たら、また大量の新作を出すということを行う。これを僕は「出版社のカラ売り」と呼んでいる。(中略)電子書籍の時代になれば、売上は全部クリアになる。電子的に、売上が発生したら金額と時間がはっきり出る。再販制度を利用した上記のような「カラ売り」はできなくなる」

③ カラ在庫によるバランスシートの偽装ができなくなる
「売れそうもない本でもたくさん印刷すると、期末時点での棚卸資産が増え、当期の販売原価が押し下げられ、帳簿上の利益が増えるのだ。事業上の累積損失が膨らみ、バランスシートが悪化するのを防ぐために、このような方法が使われやすい。(中略)いずれにしても、紙媒体のときには可能だったテクニックが使えなくなる」

(出典) ブログ「京都から世界へ -藤田功博の京都日記-」

 出版社が電子化に踏み切れない理由が、単なる怠慢ではないことが大変よく分かった。その他、財務的なこと以外に、実務面においても電子化することのハードルが高いことに、こちらのブログ「“俺が出版とかマジ無理じゃね?”」の以下記事からも気づかされた。

「電子書籍は儲からないわww【出版社編】←あと5年はかかるでしょ」
(2015/5/15)

紙媒体と電子書籍を同時に作成するのは意外と面倒くさいです。

読んで字のごとくです。
データ作成を内製している出版社が、電子書籍のデータも同時に作るのは、実はかなり負担が大きいです。

基本的にページ物の出版物を作る場合、Adobe社のInDesignというソフトを使用することが多いと思います。
このInDesignには、作成したデータを電子書籍データに書き出す機能があるのですが、正直この機能はそこまで優秀ではないです。
そのまま書き出しただけでは到底商品として耐えうるレベルではなく、確実にそこからの修正作業が発生します。(中略)

DTPデータから作るのが意外と面倒な電子書籍ですが、さらに問題なのが紙媒体より安くないと売れないことです。

「印刷用の書籍データがあるのだから電子書籍データを作るのは簡単」
「だから電子書籍は紙媒体より安くて当たり前」

電子書籍に対してはこういった考えが主流です。必ずしもそうでないのは前述した通りです。
ですが世の中の流れからいっても、電子書籍を売るためには販売価格は紙の書籍よりも抑えざるをえません。

また、実体のない「電子データ」にお金を払いたくないという層も一定数存在し、「デジタル情報=無料であるべき」といった考えが根強いのも原因の一つといえるでしょう。

もっと極端な意見として、
「紙の書籍の販売開始と同時に電子書籍も無料で添付すべき」
といった声も普通に聞こえてきます。
さすがにこれは暴論すぎるのではないかと思いますが、いかがでしょうか。

(出典) ブログ「“俺が出版とかマジ無理じゃね?”」

 また同ブログの以下記事からは、出版社のやるせなさが伝わってくる。

「儲からない電子書籍」未来はどっち? 【出版社編】
(2015/5/17)

紙媒体の発売と同時に電子書籍を出すのが案外難しいことは「紙媒体と電子書籍を同時に出すのは意外と面倒くさい」で申し上げた通りですが、仮にその部分をクリアできたとして「どこで売るか?」という問題が立ちはだかります。

ある程度の販売数が必要な電子書籍を売る方法としてパッと思いつくのが、AmazonやGoogle Playなどの有名オンラインストアでの販売です。他にも探せば大小さまざまなオンラインショップが見つかりますし、STORES.jpやBASEなどの無料オンラインショップサービスを使うという手もあります。

ですが、やってみたらわかるのですが、こういったオンラインでの販売はそのままだと確実に埋もれます。
全部が全部ではないですが、著者が有名人であるか内容やタイトルに相当なインパクトがない限り、自然発生的に日の目を見ることはまずありません。

ところが大手と違って多額の宣伝費をかけられない零細出版社にとって、この問題を乗り越えるのはかなり難しいと思われます。
参入障壁が低く費用もほとんどかからない方法として、HPやSNSでの拡散が考えられますが、これもノウハウを持たない零細企業がゼロから始めるには相当の覚悟と時間、そして根気が必要になります。(中略)

「だったらWEB関連を外注すればいい」と思われるかもしれませんが、断言できますが「その費用があったら広告出しとるわww」です。

(出典) ブログ「“俺が出版とかマジ無理じゃね?”」

 これらが全ての出版社に当てはまるのかどうか、私には判断はつかない。しかしながら

●電子化する業務を外注できるような規模の大きな出版社、あるいは内製化できる体制が取れる余力のある出版社でない限り、業務面での負担が大き過ぎて、積極的に取り組めない

●刷って取次に搬入すれば売り上げが立つ紙版と違って、価格の安い電子書籍を積極的に販売することは、売上額も下がるし、自転車操業の中小規模の出版社にはリスクが大き過ぎて、取り組めない


ということが何となく想像できた・・・ ただこれは作り手側の事情。
何とかならないものだろうか。


にほんブログ村 本ブログ ビジネス書へ ← めざせ1位!あなたの応援ポチッが励みになります

続きを読む
posted by 鳴海寿俊 at 22:35| Comment(0) | 出版社・著者(作り手) | 更新情報をチェックする